1910年より世界注文洋服業者連盟主催による世界注文洋服連盟会議が、隔年で主にヨーロッパにて開催されております。
これは先進国約23ヶ国が参加し、5日間を通して洋服の流行・技術・素材・後継者問題など、洋服に対してのあらゆる勉強会を行いメインとしては、参加者の出品作品によるファッションショーが行われます。
この歴史ある大会にテーラーまなべは1979年のドイツ・ミュンヘン大会より現在まで日本代表として参加出品して参りました。

大会中、「金の針 金の糸」と題した技能グランプリが開催されました。
採寸・型紙製作・縫製等の技術を競うテーラーとして全ての技量が試される競技です。

このグランプリに店主の長男である真鍋 康昭(当時37才)が挑戦し第1位を獲得いたしました。
(2005年8月5日~9日開催)



1910年より世界注文洋服業者連盟主催による世界注文洋服連盟会議が、隔年で主にヨーロッパにて開催されております。
これは先進国約23ヶ国が参加し、5日間を通して洋服の流行・技術・素材・後継者問題など、洋服に対してのあらゆる勉強会を行いメインとしては、参加者の出品作品によるファッションショーが行われます。
この歴史ある大会にテーラーまなべは1979年のドイツ・ミュンヘン大会より現在まで日本代表として参加出品して参りました。

大会中、「金の針 金の糸」と題した技能グランプリが開催されました。
採寸・型紙製作・縫製等の技術を競うテーラーとして全ての技量が試される競技です。

このグランプリに店主の長男である真鍋 康昭(当時37才)が挑戦し第一位を獲得いたしました。
(2005年8月5日~9日開催)